一攫千金の大チャン

今年も年末ジャンボ宝くじの季節が

近づいてきましたね。

 

年末ジャンボ宝くじとは、

1979年から始まった

全国自治体宝くじの一種です。

 

ジャンボ宝くじには、

12月に当選発表が行われる

年末ジャンボ以外にも、

6月発表のドリームジャンボ

8月表のサマージャンボがあり、

三大ジャンボと呼ばれています。

 

その中でも年末ジャンボは知名度が高く

年末という購買意欲が高まる時期

発売されることから

特に高い人気を誇っています。

 

長い歴史の中で、当選金額は

次第に高額になっていき、

ここ数年の年末ジャンボの当選金額は

1等7億円、前後賞1億5000万円

となっています。

 

1枚300円と安価に購入できるので、

まさに一攫千金のチャンスです。

 

どうせ買うなら、

当たりやすいと言われる日

購入したいですよね。

 

今回は年末ジャンボの詳細と

宝くじが当たりやすいおすすめ日

ご紹介していきますね。

 

年末ジャンボ2020宝くじの発売日と期間

2020年の年末ジャンボの発売日は

1124日()です。

 

販売期間は、

1124()~1225日()までの

一か月間です!

忘れないように購入しましょう!

 

当選番号の発表は

20201231となっています。

 

毎年、当選番号の発表は

東京オペラシティコンサートホール

行われ、その様子は中継されていますが、

今年は新型コロナウイルスの影響で

発表方法が変更になる可能性があります。

 

2020年度の当選番号の発表方法は

まだ公表されていないので、

わかり次第追記したいと思います。

 

年末ジャンボ2020宝くじの当選金額

今年の年末ジャンボの当選金額になります

等級 賞金 本数
1等 7億円 22本
1等の前後賞 1億5000万円 44本
1等の組違い賞 10万円 4,378本
2等 1000万円 88本
3等 100万円 880本
4等 5万円 44,000本
5等 1万円 1,320,000本
6等 3,000円 4,400,000本
7等 300円 44,000,000本

 

また、年末ジャンボミニといって、

当選金額が低い代わりに、

当選本数が多いくじ同時発売されています。

 

年末ジャンボミニの当選金額です!

等級 賞金 本数
1等 3億円 68本
1等の前後賞 1億円 136本
2等 5万円 68,000本
3等 1万円 850,000本
4等 3,000円 1,700,000本
5等 300円 17,000,000本

 

年末ジャンボ、年末ジャンボミニ

共に 1枚300円で販売しています。

 

どちらを買おうか迷ってしまいますね〜

 

年末ジャンボ2020を買うならこの日

日本の暦には、

宝くじが当たりやすい

言われる日があります。

 

せっかくなら、

そんな日に宝くじを購入して、

当選確率を上げたいですよね!

 

ここからは、

年末ジャンボ販売期間内の

当たりやすい日をご紹介していきます!

 

一粒万倍日

一粒万倍日とは、

一粒の籾が万倍にも実った稲穂になる、

という意味で開店、種まき、出費に吉とされる日です。

 

一枚のくじが万倍にも…と思うと

宝くじの購入にうってつけの日ですよね。

 

年末ジャンボ販売期間内の一粒万倍日

11月26日27日

12月10日11日22日23日です。

 

大安

開運日の中でも最もメジャーで、

結婚式などがよく行われている大安は、

何をするにも吉となる日とされています。

 

もちろん宝くじの購入も吉です。

 

年末ジャンボ販売期間内の大安は、

11月28日、

12月10日15日、21日です。

 

天赦日

天赦日は、

百神が万物の罪を赦す日であり、

この日に始めたことは

何事も成功すると言われています。

 

特に金運に関わることを行うと吉なのですが

残念ながら年末ジャンボの販売期間内に

天赦日はありませんでした

 

天赦日は年に56しか訪れない

レアな開運日なので、

来年以降に期待したいですね。

 

寅の日

虎は、「千里行って千里戻る

とされており寅の日は旅立ちに吉と

言われています。

 

転じてお金を使っても戻ってきてくれる

という意味も。

 

また、虎の毛皮の模様は

金運の象徴とも言われています。

 

年末ジャンボの販売期間内の寅の日は、

12月1日、13日、25日です。

 

巳の日(みのひ)

「巳」とは、を意味します。

 

生命力が強く龍に似た姿の蛇は

古くから富のシンボルとして

世界各国で信仰されてきました。

 

そんな巳の日は金運財運に良い日

とされています。

 

年末ジャンボの販売期間内の巳の日は、

12月4日、16日です。

 

己巳の日(つちのとみのひ)

己巳の日は先ほどの「巳の日」に

」のパワーが重なった日を指します。

 

「己」とは、

五行思想でお金を意味するため、

己巳の日は巳の日よりもさらに

大きな金運に関するご利益が受けれる日

されています。

 

しかし、己巳の日は

60日間に1回しかありません。

 

年末ジャンボの販売期間内の己巳の日は、

残念ながらありませんでした

当選確率が高いといわれるおすすめ日

宝くじが当たりやすいと言われる日を

ご紹介しましたが、

縁起が良い日が多くていつ買えばよいか

迷ってしまいますよね。

 

結局、一番縁起の良い日

いつなのでしょうか?

 

年末ジャンボの販売期間内で

一番お勧めの日は12月10日(木)です。

 

この日は、

一粒万倍日大安重なっているのです。

 

出費が吉となる一粒万倍日

何をするにも吉となる大安

 

二つの開運日が重なることで、

より強い効果が期待できるのです

 

また他にも

過去に高額当選が出た店で購入したり、

売り場の方角を考えて購入したりすることで、

当選確率が上がるとも言われています。

 

方角は、自宅から見て西

位置する宝くじ売り場が吉だと

されています。

 

西金運アップ発展運直観力

アップさせるそうです。

 

また、購入した宝くじを

神棚や仏壇といった

神聖な場所に保管しておくと、

良いパワー集まって当選につながるとも

言われていますよ。

 

ぜひ、試してみてくださいね。

 

まとめ

今回は2020年度年末ジャンボの詳細と、

当たりやすいとされる開運日について

ご紹介しました。

 

実際、高額当選者の方は

開運日に宝くじを購入している

ことが多いようです。

 

縁起のいい開運日

年末ジャンボを購入して

一攫千金を狙ってみてくださいね!